簡単な背景画像の作成方法!Photoshopでおしゃれな写真に加工する超手抜きな『カラーブレンド』のテクニック!

超手抜きカラーブレンド!ブラシで塗るだけでおしゃれな色合いの写真に仕上げる
記事内に広告が含まれています。

超手抜きなカラーブレンドのテクニックを使って鮮やかなグラフィックを作ろう!

こんにちは!広告会社でデザイナーをしている、かじゅうです!

この記事では、ブラシで塗るだけで写真をおしゃれなグラフィックに加工出来る『カラーブレンド』のテクニックを紹介します。

色調補正やフィルターを使わないので、簡単で楽しく実践できるので背景画像の作成に活用してみてください。

加工のビフォーアフター
この記事のオススメポイント
  • 色調補正やフィルターを使わないブレンド加工
  • 超時短なテクニック
  • フォトショ初心者でも簡単にできる
スポンサーリンク

写真素材をモノクロにする

写真素材をphotoshopで開いたら、色調補正>白黒を適応して写真をモノクロにします。設定はデフォルトでOKですが、写真素材に合わせて良い塩梅で調整してください。

▼使用した写真素材はこちらからDL可能

UnsplashでDLKRが撮影した写真
A pink sunset behind buildings that line a street in Ueno, Taito City,...
スポンサーリンク

カラーブレンドを作成する

【STEP.1】ブレンド:グリーンを作成

新規レイヤーを作成して、左側3分の1くらいまでをグリーン(7c9d22)で塗ります。ブラシはデフォルトのソフトブラシでOKです。

ポイント

ブラシサイズを大きめに設定して、1ストロークで塗るのがgood!

【STEP.1】ブレンド:オレンジを作成

さらに新規レイヤーを作成して、中央にオレンジ(e27527)のソフトブラシで塗ります。

【STEP.2】ブレンド:イエローを作成

続いてオレンジを塗ったレイヤーの右端をイエロー(f8b101)で塗ります。

スポンサーリンク

レイヤー効果を変更してカラーブレンドする

  • オレンジレイヤーを「焼き込みカラー
  • グリーンレイヤーを「比較(暗)

に変更すると、下の画像のようになると思います。

カラーブレンドサンプル
スポンサーリンク

仕上げをして完成させる

テキストやテクスチャなどを添えてデザインの完成です。

カラーブレンドのアレンジ見本

描画色を変更する

描画色を変更することで、様々なカラーブレンドを作ることが出来ます

例えば、青~紫~ピンクのような色を塗ると下記のような仕上がりになります。

色相彩度で自由にカラー変更可能

作成したカラーをまとめて、色調補正>色相彩度で変更することもできます。

ブラシで塗るだけで簡単カラーブレンド:まとめ

ブラシで塗るだけでカラーブレンドする方法を紹介しました。

通常は「グラデーションツール」などを使用して行いますが、ブラシツールで直感的に塗ることで簡単にできるだけではなく様々なメリットがあります。

ブラシによるカラーブレンドのメリット
  • 簡単で直感的な作業
  • 塗りムラなどによるランダム性
  • 複雑なブレンドが可能
  • ブラシプリセットが使える

背景素材作りやグラフィックなどに取り入れてみてください。

PSDファイルのダウンロード

この記事で作成したサンプルのPSDを配布しますので、気になっていただけたらダウンロードして頂ければと思います。

配布PSDデータの内容

  • PSD(cc 2022)データ
    データサイズ:1000×1500px (72dpi)
    ブルー~パープルのカラーデータ付き
    仕上げに使用したテクスチャデータあり

    写真データの原稿とDL:URL
タイトルとURLをコピーしました