Photoshop

Photoshop

【Photoshop】 リアルな『水のテキスト』3Dエフェクトを作成する方法

Photoshopで水のようなリアルな質感がある3D立体テキストを作成する方法を紹介しています。主にゲームバナーなどで使われるエフェクトで、文字に立体感を持たせるだけでなく、本物の水のような質感を表現できます。記事では、Photoshopを使って3D立体テキストを作る手順を詳しく解説しています
photo-retouch

Photoshopで画像の大きさをサッと揃える!3つの便利テクニック

Photoshopで画像のサイズを揃える方法を3つ紹介します。サイズの異なる複数の画像を一貫性のあるサイズに調整したり、特定のサイズに合わせたりするための手法を解説します。例えば、『生成塗りつぶし』機能を活用することで、簡単に画像の縦横幅を調整することができます。さらに、自動処理を活用することで、効率的に作業を行うことができます。画像編集にお困りの方におすすめの記事です。
Animation

『真似したいアニメーションgifバナー』基本的な手法6選とデザインアイデア

アニメーションgifを作るために役立つ『真似したいアニメーションgif』アイデアを6つ選出!これからgifを作ってみようと思っている人からバナーデザインを動かして訴求力UPを目指している方に最適な基本手法を集めました。
スポンサーリンク
gif

PhotoshopでGIFアニメーションを作る2つの基本手法!『フレーム』と『タイムライン』機能の解説と作り方を紹介!

Photoshopを使用したアニメバナーの作成方法と各機能の解説。フレームアニメーションとタイムラインアニメーションの使い方を詳しく解説します。アニメーションを作成してWebバナーや広告を効果的にデザインしましょう。
photo-retouch

Photoshopで画像生成AIを使う!自動で画像を生成するプラグイン「Alkaid.art」のインストール方法と使い方

Alkaid.artは、Photoshop上でAIアートを生成できる便利なプラグインです。アニメやリアルなアートなど、さまざまなスタイルの絵を生成でき、リアルタイムプレビューや画像検索などの機能も備えています。
photo-retouch

【必須知識】バナーデザインがワンランクアップする素材の写真加工と補正のテクニック

バナーデザインをする上で欠かせない写真素材ですが、いざ配置してみるとなんだか微妙だなと思う事も多いです。この記事では、イケていない写真をイケている写真に変身させるための写真加工や補正を紹介します。
Animation

【PS】文字がぶるぶる動くgifアニメーションバナーの作り方

Photoshopの「ビデオタイムライン」機能を使ってテキストがぶるぶると動くアニメgifバナーの作り方を紹介します。
Photoshop

jpegからwebpへ一括変換!Photoshopの『ドロップレット』で自動アプリケーション化する方法

大量のjpeg画像をphotoshopで開いてwebpに変換するのは大変です。そんな時はPhotoshopの機能である『ドロップレット』を使えば、一括でwebpに変換してくれます。
Animation

文字に光が流れるアニメーションGIFの作り方【悪い例と良い例】

Photoshopのタイムライン機能を使って文字に光が流れるアニメーションGIFの作成方法を紹介します。この記事で紹介する方法は、光が左から右へ流れるだけではなく、やわらかく自然な光が流れるお様なアニメーションです。
Design

フォトショップで写真をコミック風に加工する2つの方法『アメコミ風』『レトロコミック風』

フォトショップで写真を『アメコミ』コミック風に加工する2つの方法。【1つ目】『エッジのポスタリゼーション』や『カットアウト』を使用する『アメコミ風コミック加工』【2つ目】『グラデーションマップ』を使用する『シュールなレトロコミック加工』
スポンサーリンク